風呂バンスの関連ページ

風呂バンスの購入を検討している方にオススメしたい記事

暮らしの「不案・不満・不便」を解消させる商品や情報を掲載した情報サイト(当サイトが運営する姉妹サイト)に「風呂バンス1000」を掲載しました。

使い方はとっても簡単です。 本体は、高さが30センチメートル弱、重さは2.8キログラムで小型だから、力のないお子様やお年寄りでも安心して取り扱うことができます。 風呂バンスを使うと、いつでも誰でも温かいお風呂に入ることができて、とても便利です。

風呂バンスの使い方!知りたい!便利の理由は何?

風呂バンスの最大の特徴は、冷たい水からお湯を沸かせることです。ある程度あたためたお湯を用意する必要はありません。もちろん保温も可能です。 主な使い方は、 水や冷めたお湯を湯沸しする(お湯の温度を上げる)こと

お湯を保温する(温まったお湯の温度を一定に保つ)こと

の2種類です。

風呂バンスの活用事例は?こんな使い方をしてみよう!

風呂バンスが自宅にあると、追い焚き機能がなくても、いつでも温かいお風呂に入ることができるから、とても便利です。

しかし、風呂バンスにも「できないこと」があります。もし、間違った使い方をしてしまったら危険が及ぶ可能性もあるので、注意が必要です。

風呂バンスでできる事とできない事を知っておこう!

風呂バンスは電気製品ですし、「お風呂で使うことに危険はないの?」と心配になる方もいらっしゃるでしょう。 もちろん、これまで事故の報告はありません。但し、正しく使わないと危険です。そしてすぐに故障します。取扱いには十分注意してください。

風呂バンスの安全性は大丈夫? 利用の際の注意事項は?

1時間あたりに掛かる電気代の目安をまとめます。

  • 湯沸かしの場合の電気代…・・約27円
  • 保温中の電気代…・・約4円
  • 長時間連続保温の場合…・約7円

湯沸かしと保温とで金額が異なること、保温の中でも短時間と長時間の場合で金額が異なる事に、注意しておきましょう。

風呂バンスでは、どの位の時間でお湯を沸かせる?電気代は高くないの?

風呂バンスの利用に向かない方がいらっしゃいます。それは、風呂バンスの弱点に引っかかってしまう方です。

風呂バンスには、以下の4つのウィークポイントがあります。

  • 水からすぐに、お湯を沸かす事ができない
  • 入浴中に使えない
  • 入浴剤や温泉水が使えない
  • 業務用、屋外のお風呂で使えない

風呂バンスの購入が不向きな人とは?商品の弱点を解説!